新しい「推し」

 「見る、観る」が大好き

 絵を見る、書を見る、工芸作品を見る、映画を観る、舞台を観る。

 

 『ミロ展』

 2月末に、渋谷 Bunkamuraで、『ミロ展―日本を夢みて』を見ました。

 明るい色調、大胆なデザイン、墨も使っていました。

 「ミロ」と墨で描いてある絵にはビックリ!

 グーンと迫ってくるようでした。

 絵というより、デザイン画のような感じでしたね。

 好きな画家

 レオナルドダヴィンチ、ゴッホ、モネの絵が好きです。

 好きな画家の絵画展は何回も見ました。

 

 「推し」とは?

 「推し」とは、応援している人や対象のことです。

 私は50代で、大学3年に編入しました。

 20代の学生から、野球やラグビーの応援に誘ってもらいました。

 そこで、「応援」って楽しい!と思いました。

 他人を応援することは、自分を応援することでもあるんですね!

 「推し」と「応援」は同じですね。

 

 新しい「推し」を

 仕事も趣味も、新しい対象に手を広げていきませんか。

 今までの生活、仕事が少しずつ変化していくでしょう。

 感情をもっともっと出して、新しいものに飛び込んでいく。

 それは新しい「推し」を持つことだと思います。

 

 

 「 前川初子」